「愛島のハウス」の建て方が行われました。

土台を敷き、その上に柱を立て梁を掛けて床を作ります。
この日は大勢の大工さんが集まり、クレーンを使い一日がかりで躯体を組み上げます。
朝からはじめて、夕方までにはおおよその外形ができ上がります。

周囲に対してどういう建ち方が良いかなどは設計時に模型で検討していますが、実際に建つのを見るまでは毎回ドキドキします。
今回は想像以上に良い建ち方になったのではと、いろいろな角度や距離から見て思いました。

このあとは合板や金物を取り付けて、構造的に固めていきます。
それが終わると審査機関による中間検査と設計事務所による建方検査が行われます。

建て方01

建て方02

建て方03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です