建方検査

構造躯体が組み上がった「愛島のハウス」では、中間検査と建方検査が行われました。

中間検査は指定確認検査機関の検査員が現地に来て、届け出どおりに基礎や躯体ができているか検査します。
こちらはひと通り見て回って無事に合格。

それとは別に弊社では構造設計者による建方検査を実施しています。
独立してからほぼすべてプロジェクトの構造設計をお願いしている中畠敦広さんに東京から来てもらい、金物の取り付け位置や釘のピッチまで、2時間程度かけて隈なくチェックしました。

鉄骨造は工場で製品化したものを検査した上で現場に搬入されるため、品質や精度を一定レベルに揃えることは比較的容易です。
木造はプレカットの技術が上がっているとはいえ、まだまだ職人さんの技術や知識が仕上がりにダイレクトに反映されます。
そのため設計が求めている基準を満たしているのか、客観的な目でチェックすることが重要だという考えのもと、建方検査を行っています。
今回は若干の修正が入りますが問題なしと判断しました。

今後は外部では外壁の下地を、内部では設備の配線・配管工事が進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です