宮城野のハウス


   「1つのコア・2つのボリューム・3つのフロア」から構成された重量鉄骨造3階建ての兼用住宅である。

   宮城野は仙台駅から東へ1.5kmに位置し、野球場や総合運動公園などのスポーツ施設が集中する活動的なエリアである。間口8m、奥行き11m、南接道の敷地にはもともと施主の祖父が豆腐屋を営んでいた木造2階建ての家屋が建っており、施主であるご夫婦はそこに住みながらカフェを経営していた。建物の老朽化と家族が増えることもあり、カフェと2世帯住宅を併設した住まいへの建て替えを依頼された。

   その昔商店街だった名残が残る敷地周辺は細長い建物が建ち並んでいる。法的緩和を受けるため軒の高さを9mに設定し、施主から求められたプログラムに沿って床面積を積み上げてみると、ひとかたまりの大きな建物となり周囲から浮いた存在になってしまう。そこで周辺と調和するよう細長い2つのボリュームに分けることにした。東側のボリュームは駐車スペースを確保するため2.7mのキャンティレバーとしている。豆腐を意識した厚みのある外壁は弾性系左官材仕上げとし、壁の厚さを利用することで庇の代わりに日射や雨水を遮り、壁内に設備機器を隠蔽している。

   内部は天井の高い2つのフロアと高さを抑えた3つのフロアを組み合わせたスキップフロアである。滞在時間の長いカフェとダイニングは南に面した明るく開放的な空間、寝室や水廻りは静かで落ち着きのある空間としメリハリをつけている。

   2つのボリュームをつなぐコアはエントランスから屋上テラスまで続く動線であり、住宅全体の風と光の通り道でもあり、キャンティレバーを支える構造体としても機能する。それぞれの居室の独立性は担保しながらも、コアがゆるやかにそれらをつなぐことで生活空間がシークエンシャルに展開していく。山あいにくり抜かれた横穴式住居のように、立体的でにぎわいのある住まい方をここでは実現できたのではないかと思う。

1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11    12    13    14    15    text