金蛇水神社外苑 SandoTerrace

KANAHEBISUI Shrine Gaien SandoTerrace

インターバル

金蛇水神社外苑 SandoTerrace

神社に詣でる参拝者のための休憩所である。

金蛇水神社は山あいの七ッ堤を水源とする金蛇沢が仙台平野に流れ出す谷の出口に鎮座しており、典型的な水神信仰の霊場である。社殿は豊かな自然の中に鎮まっており、東北を代表する牡丹園などもあるため、県内はもとより全国や海外からの参拝者で賑わっている。

神社とは24時間365日、誰でもお参りできる公共性の高い場である。人びとが祭事の時だけではなく、日常でも気軽に参拝できるよう休憩所を再整備したいという、宮司の強い思いからこの計画は始まった。当初は敷地に建っていた築30年の小さな休憩所を増改築しようとしたが、法的に難しいため建て替えとなった。その頃南側の隣地を入手できることになり、休憩所、牡丹園、丘を一体的に整備する方針へ舵を切ることになった。

金蛇水神社の成り立ちの根源である沢と堤、それぞれが持つ、流れと溜まりの要素をこの建築に取り込もうと考えた。もともと駐車場から市道を通らないと境内にたどり着けなかった動線を改善するため、円弧状の参道を敷地内に通し、参拝者の流れをつくり出した。その両側に食事処・展示・トイレなどが入る休憩棟を、牡丹園の出入口にもなる土産処・応接・事務などが入る牡丹棟を配し、人びとが溜まる場を設けた。四季折々の自然や光、風を建物内に取り込みつつ、参拝者が自ずと境内に足が向くよう、参道・休憩棟・牡丹棟をそれぞれ平面的にずらした。また参道の上と下では2.2mのレベル差があるため、階段とスロープ、平場を土地の勾配に擦り付けるように組み合わせた。

構造種別は木造とし、迫力のある架構を極力現しにしている。ふたつの切妻を組み合わせたひとつの大きな屋根で覆うことで、建物を周辺の山並みになじむ高さに抑えつつ、参道・休憩棟・牡丹棟を一体的な空間として設えた。参道は境内と同材の石畳、水をあらわす砂利道、テラスに繋がるデッキで構成し、その中央に柱を落とさないよう方杖を用いた木トラスとした。同じ形状の架構が通り芯ごとに75mmずつ高さを上げながら、円弧状に一定のリズムで繰り返す。床レベルの変化とあいまって、歩を進めるごとに場面は切り替わり、参拝者は境内へと導かれていく。

神社は祭事と日常とで使われ方が大きく変わる。お祭りの時には架構の下で多くの参拝者が賑わいを見せ、それが終われば静謐で自然の移り変わりを感じる参道に戻る。それは建築のような道でもあり、道のような建築でもある。

It is a resting place open to the community, connecting visitors with the shrine. The shrine is located at the outlet of a valley where a stream with a bank in the mountains as its source flows into the plain. We wanted to incorporate the elements of the stream and the bank, the flow and the pool, into this building.

An arc-shaped approach to the site creates a flow of visitors. On both sides of the approach, we placed a resting area and a peony building to create a gathering place. The approach, resting building, and peony building were shifted in plan so that visitors would naturally head for the temple grounds while letting the nature, light, and wind of the surrounding area into the building. Since there is a 2.2m difference in level between the top and bottom of the approach, stairs, ramps, and flat areas were combined to rub against the slope of the original land.

The approach, resting building, and peony building are set up as a single space, covered by a single large roof made of two gables and kept at a height that blends in with the surrounding mountains. The wooden trusses of the same shape repeat in a circular arc at a constant rhythm, gradually increasing in height at each street core. In combination with the change in floor level, the scene changes with each step, and visitors are led into the shrine grounds with a sense of nature.

The use of the shrine changes drastically between festivals and daily life. During festivals, the area underneath the structure is bustling with activity, and when the festival is over, it returns to the tranquil approach. It is a path like an architecture, and an architecture like a path.

竣工
2020.04
用途
飲食店、展示、物販店、事務所、倉庫
計画地
宮城県岩沼市
敷地面積
2,332.72 ㎡
建築面積
1,014.34 ㎡
延床面積
1,014.34 ㎡
構造
木造
規模
地上1階建て
構造設計
yAt構造設計事務所
設備設計
E.I.S設備計画
照明設計
岡安泉照明設計事務所
写真
阿野太一
クライアント
金蛇水神社
受賞
2021年度グッドデザイン賞
掲載
新建築2021年5月号
ArchDaily
architecturephoto
YEAR
2020.04
PROGRAM
Resting place
LOCATION
Iwanuma, Miyagi, Japan
SITE AREA
2,332.72 ㎡
BUILDING AREA
1,014.34 ㎡
TOTAL FLOOR AREA
1,014.34 ㎡
STRUCTURE
Wood
NUMBER OF STOREYS
1 Storeys
STRUCTURAL DESIGN
yAt structure design office
FACILITY DESIGN
E.I.S
LIGHTING DESIGN
Izumi Okayasu Lighting Design
PHOTO
Daici Ano
CLIENT
Kanahebisui Shrine
AWARD
GOOD DESIGN AWARD 2021
PUBLISHED
Shinkenchiku 2021:05
ArchDaily
architecturephoto
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace
金蛇水神社外苑 SandoTerrace